比較 野球

メジャーリーグを見るのにDAZNとJスポーツ(スカパー!)どっちがおすすめ?

更新日:

ポイント!

  • DAZN…中継試合数が多い(日本人選手が所属するチーム中心)
  • Jスポーツ…中継試合数は少ないがすべて日本語実況・解説付き

2018年シーズンのメジャーリーグはエンゼルスに移籍した大谷翔平選手の二刀流が通用するのか、そして古巣マリナーズに移籍したイチロー選手が話題になっていますが、メジャーリーグ関してもDAZNで中継を行い、スカパー!経由で申し込みできるJスポーツでも中継されます。

そこでこの2つのサービスのどちらでメジャーリーグを見るのがお得なのか、価格・視聴方法・中継試合数などで比較していきたいと思います。

DAZN

ポイント

・大谷翔平、田中将大、ダルビッシュ有、イチローなどが所属するチームを中継

・テレビで見るにはFireTVなどの機器が必要

・ネット配信のため、ネット環境が必要

・プロ野球も中継

・登録から1ヶ月無料で、無料期間中の解約もOK!

博士
DAZNはメジャーリーグに加え、プロ野球も中継するというのがポイント高いですね!

 

DAZNの中継予定チーム一覧

DAZNはメジャーリーグが開幕する3月30日(日本時間)から中継が開始され、大谷翔平選手が所属するエンゼルスや田中将大選手が所属するヤンキースなど、多くのチームの試合が中継されます。

チーム 日本人選手
アスレチックス
インディアンス
カブス ダルビッシュ有
レンジャーズ
ブルージェイズ
ヤンキース 田中将大
アストロズ
オリオールズ
マーリンズ 田澤純一
ツインズ
エンゼルス 大谷翔平
マリナーズ イチロー

岩隈久志

ブレーブス
ダイヤモンドバックス 平野佳寿
ロイヤルズ
ジャイアンツ
ホワイトソックス
レッズ
レイズ
メッツ
パイレーツ
レッドソックス
ブルワーズ
ドジャース
ナショナルズ

 

DAZNではこのように多くの日本人選手の試合を中継!

博士
メジャーリーグ開幕時は日本人選手が出場する試合でも英語実況でしたが、大谷選手や田中選手が出場する試合については日本語実況もつくようになってきました。

 

ネット配信のため、テレビで見るにはFireTV Stickなどの機器が必要

DAZNはインターネットを利用してプロ野球を配信しています。そのため、テレビを点ければ見れるというわけではありません。

DAZNで見るにはインターネットの契約が必須となり、テレビで見る場合にはさらにFireTV Stickなどの機器が必要になります。

 

テレビ視聴で利用できる主な機器

DAZNをテレビで見るには以下の機器を使用する必要があります。ただし、DAZNに対応しているテレビも販売されているため、SONYやTOSHIBAなどのスマートテレビを持っていればこれらの機器を購入する必要はありません。

・FireTV Stick

・Chromecast

・AppleTV

・PlayStation3、4

・SONY、TOSHIBA、Panasonic、LGなどのスマートテレビ

 

日本人選手のハイライト特集もあり

DAZNでは日本人選手に特化したハイライト動画を配信してくれます。日本人選手がどんなプレーをしたのかだけを確認したい方には非常に便利ですね。

スポーツニュースでも日本人選手が活躍すると取り上げてくれますが、DAZNの場合は配信期限が過ぎるまでいつでも好きな時間に見れるので放送時間を気にする必要はありません。

博士
1~5分くらいに短くまとめてくれてるので、通勤中などにサクッと見れますね。

 

録画をしなくても見逃し配信で試合後でもいつでも見れる

DAZNの最大の特徴は見逃し配信にあります。

もし試合中継をリアルタイムで見れなかったり、録画のセットを忘れたとしても見逃し配信があるため試合後いつでも見ることができます。また、フル視聴とハイライトに切り替えることもできたり、スマホでも見れるためいつでも、どこでも見ることができます。

見逃し配信の期間については1週間がフル視聴、1週間を過ぎるとハイライトのみとなります。

 

Jスポーツ(スカパー!)

ポイント

・Jスポーツの4つのチャンネルが見れる(1、2、3、4)

・CS放送となるので、CSが見れるアンテナが必要

・テレビ放送となるため、録画可能

博士
中継試合数はDAZNより少ないですが、すべて日本語実況となっているのがメリットです。

 

Jスポーツの中継予定

Jスポーツはスカパー!経由で申し込みが可能になっていて、以下の3選手が所属する試合が中継される予定になっています。

チーム 日本人選手
エンゼルス 大谷翔平
ヤンキース 田中将大
ドジャース 前田健太

 

CSが見れるアンテナが必要

スカパー!はテレビ放送のため、インターネットの契約は必要ありませんが自宅のテレビでCS放送が見れるかどうかのチェックが必要になります。

①リモコンの「CS」ボタンを押す

②番組表ボタンで番組表を表示

③CS161チャンネルを選局

④CS161(QVC)が映ればOK

⑤もし映らない場合はアンテナを購入するか、JCOMなどのケーブルテレビに加入してチューナーを付けてもらう必要があります。

このようにスカパー!はCS161チャンネルが映らなければアンテナの購入や取付工事などが必要になるため、視聴までのハードルが少し高いですが、映るようであればネットから申し込むだけとなり、申し込みから約30分ほどで見れるようになります。

スカパー!の申込方法は「 スカパー!の申し込み方法と視聴方法 」をご覧ください。

 

中継される試合で比較

日本人選手が所属しているチームの中継で比較をすると、圧倒的にDAZNの方が中継数が多くなっています。

チーム DAZN Jスポーツ 日本人選手
エンゼルス 大谷翔平
ヤンキース 田中将大
ドジャース 前田健太
カブス × ダルビッシュ有
マーリンズ × 田澤純一
アスレチックス × なし
インディアンス × なし
レンジャーズ × なし
ブルージェイズ × なし
アストロズ × なし
オリオーズ × なし
ツインズ × なし
マリナーズ × イチロー

岩隈久志

ダイヤモンド・バックス × 平野佳寿
パドレス × × 牧田和久

 

価格で比較

価格は断然DAZNが安く、無料トライアルキャンペーンもあります。

またDAZNの場合、トライアル中の解約も可能で、その際は一切費用はかからないため、気軽にお試しできるというメリットもあります。

DAZN Jスポーツ
月額料 1,890円 2,910円

(内訳)
基本料金:441円+Jスポーツ:2,469円

無料期間 1ヶ月間 加入月無料

 

視聴方法で比較

DAZN スカパー!プロ野球セット
放送方法 ネット配信 テレビ放送
テレビで見るには FireTV Stickなどの機器が必要 CSが見れるアンテナが必要
スマホ視聴
見逃し配信
(見逃し配信に対応していないチャンネルもあり)

 

メリット

DAZN Jスポーツ
・価格が安い(月額1,890円)

・スマホやPCで気軽に見れる・ネットさえあれば見れるので手軽

・DAZNのサイトやアプリを開けば配信される試合が一覧で表示されるためわかりやすい

・テレビ放送のため、安定して視聴できる(途中で止まったりしない)

・画質が良い

 

デメリット

DAZN スカパー!プロ野球セット
・インターネット回線の速度が遅かったり、環境が悪いと画質が悪くなる

・英語実況、メンバー発表などが英語表記(大谷翔平出場試合は日本語実況)

・価格が高い(月額2,910円)

・中継試合数が少ない

 

DAZNとJスポーツの比較結果(DAZNはプロ野球も追加料なしで見れる)

ここまで比較してきた結果をまとめると、DAZNの方が中継試合数も多く価格も安いため断然DAZNの方がお得です。

また、メジャーリーグだけでなく、プロ野球も見る場合でもDAZNは追加料金は必要ありませんが、Jスポーツの場合はスカパーのプロ野球セット(3,980円)をプラスする必要があるため、プロ野球も見る場合ではさらにDAZNの方がお得感が増します。

イチロー選手が所属するマリナーズの試合がどちらも放送されないのは残念ですが、2018年最大の注目である大谷翔平選手の試合は見ることができるのは嬉しいですね。

各サービスで見れる日本人選手

DAZN Jスポーツ
大谷翔平

ダルビッシュ有

田中将大

田澤純一

イチロー

岩隈久志

平野佳寿

大谷翔平

田中将大

前田健太

 

DAZNは登録から1ヶ月間無料で利用できます。

>>DAZNの1ヶ月無料お試しはこちら

 

Jスポーツはスカパー経由で申し込めます

>>Jスポーツの申し込みはこちら

 

こちらもおすすめ

【徹底比較】プロ野球を見るのにDAZNとスカパー!はどっちがおすすめ?

2018年のプロ野球はDAZNで放送決定!中継される試合やDAZNの視聴方法を解説

スカパー!の申し込み方法と視聴方法

動画配信サービス徹底比較

たくさんの動画配信サービスの価格、配信本数、無料期間などを徹底比較しています。

動画配信サービス総合ランキング

ジャンルごとに作成したランキングを元に、総合ランキングを発表!

-比較, 野球
-,

Copyright© VOD博士-おすすめの動画配信サービスを徹底比較 , 2018 All Rights Reserved.