デバイス

【徹底比較】ChromecastとFireTV Stickの決定的な違いはスマホが必要かどうか

更新日:

ChromecastとFireTV Stickはテレビに映像を映すという意味においては基本的に違いはありません。

しかし、Chromecastはスマホを操作しスマホの画面をテレビに映す。FireTV Stickは付属のリモコンを使用しテレビに映像を映すという、操作方法が一番の違いになります。

大きな違いはこちら

  • Chromecast…スマホで操作
  • FireTV Stick…付属のリモコンで操作

ChromecastとFireTV Stickの操作方法の違い

ChromecastとFireTV Stickの一番の違いはスマホが必要かどうかです。

Chromecastはスマホを操作し、Chromecastに対応しているアプリ(hulu、dTV、Netflix、U-NEXTなど)を開き、キャストアイコンをタップして映像をテレビに映します。

Chromecastはスマホの画面をテレビに映す

 

一方、FireTV Stickはリモコンが付属していてそのリモコンでテレビに映った画面を操作してアプリ(hulu、dTV、Netflix、U-NEXTなど)を開き、映像を映します。

FireTV Stickはテレビ(FireTV Stick)をリモコンで操作する

 

◆ChromecastとFireTV Stickの一番の違い

Chromecast…スマホが必要

FireTV Stick…スマホ不要

つまりFireTV Stickはスマホを持っていなくても利用できますが、Chromecastではスマホが無いと利用できません。

 

ChromecastとFireTV Stickに対応している主な動画配信サービス

ChromecastもしくはFireTV Stickを利用してテレビに映像を映すにはアプリが必要になり、Chromecastはスマホにアプリをインストールし、FireTV StickはFireTV Stick自体にアプリをインストールします。

デバイス 対応アプリ
Chromecast ・YouTube
・Playストアで購入した映画など
・dTV
・hulu
・U-NEXT
・Netflix
・music.jp
・ビデオパス
・WOWOWオンデマンド
・dアニメストア
・DMM.com
FireTV Stick ・YouTube(2018年1月から見れなくなる)
・プライムビデオ
・dTV
・hulu
・U-NEXT
・Netflix
・dアニメストア
・DMM.com

ChromecastはAmazonのプライムビデオが対応していません。一方FireTV StickはGoogleのYouTubeが2018年1月1日から見れなくなります。

そのためプライムビデオをテレビに映すにはFireTV Stickが必要ですし、YouTubeをテレビに映すにはChromecastが必要になります。

 

ChromecastとFireTV Stickは2種類ずつ

現在販売されているChromecastとFireTV Stickは2種類ずつあり、この2つの違いはわかりやすく言うと4Kに対応しているかどうかです。

Chromecast

これが2世代目のChromecastで、安いモデルになります。

Chromecast|Googleストア

 

Chromecast Ultra

そしてこちらが4Kに対応しているChromecast Ultraで9,720円となります。

ただしChromecast Ultraを購入してもテレビが4K対応でなければ4Kのコンテンツを再生することはできません。

Chromecast Ultra|Googleストア

 

FireTV Stick

こちらがFireTV Stick(Newモデル)で4,980円となります。旧モデルはすでに販売を停止しています。

旧モデルはリモコンが音声検索付きと無しのタイプが2つありましたが、FireTV Stick(Newモデル)は音声検索付きのリモコンのみの販売となっていますが、価格は以前より安い4,980円となっています。

 

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応

そしてこちらが4K対応のFireTVです。こちらも旧モデルのFireTVは販売されておらず、いま販売されているFireTVは4Kに対応しているモデルのみとなり8,980円となっています。

こちらも4K対応テレビに接続しなければ4Kのコンテンツを再生することはできません。

 

現在4Kのコンテンツをたくさん配信しているのがプライムビデオとNetflixですが、Chromecastはプライムビデオが対応していないため、プライムビデオで4K作品が見たい場合はFireTVが必要になります。

また、NetflixもFireTVに対応しています。

 

最後に

ChromecastとFireTV Stickの違いを紹介してきましたが、基本的にできることは同じで操作方法が違うことが一番の違いです。

そのためどちらが良いというわけでもありませんが、プライムビデオを見たければFireTV Stick、YouTubeを見たければChromecastでしょうか?

またChromecastはFireTV Stickに比べ対応しているアプリが多いため、プライムビデオ以外の動画配信サービスを利用している方であればChromecastがおすすめです。

動画配信サービス徹底比較

たくさんの動画配信サービスの価格、配信本数、無料期間などを徹底比較しています。

動画配信サービス総合ランキング

ジャンルごとに作成したランキングを元に、総合ランキングを発表!

-デバイス
-,

Copyright© VOD博士-おすすめの動画配信サービスを徹底比較 , 2018 All Rights Reserved.