dTV

ドコモのdTVは月額500円で120,000本以上の映画・ドラマが見放題でコスパ最高の動画見放題サービスだった。

更新日:

競合のhuluは月額933円、Netflixは月額650円~、そしてdTVは月額500円。

他社動画見放題サービスと比較しても非常に安いdTVですが、ドコモが運営しているVODということもあり、日本の企業が運営している動画見放題サービスとして最大の動画本数を誇ります。

もし、どの動画見放題サービスがいいかな?と悩んでいる方は、コスパ間違い無しのdTVを一度利用してみることをおすすめします。

 

dTVの特徴

動画本数 120,000本以上 得意ジャンル 洋画・邦画・オリジナル
視聴方法 スマホ・PC・対応テレビ・Chromecast、dTVターミナルなど 月額料 500円
動画購入 あり 無料期間 31日間
4K動画 あり(数本) ダウンロード 可能
支払い方法 ドコモケータイ支払い、クレジットカード

 

他社の動画配信サービスと比較しても圧倒的に安い

dTVの最大のメリットは配信作品数が最も多いのにも関わらず500円という安さです。コスパではdTVに敵うサービスはありません。

サービス名 価格 作品本数 特徴
dTV 500円 120,000本 日本最大級の動画配信サービス
プライムビデオ 3,900円(年間) 5,000本 月換算で325円と最安
hulu 933円 40,000本 海外ドラマに強く、リアルタイム配信もあり
Netflix ・650円
・950円
・1450円
非公開 見た作品によって自分におすすめの作品を紹介してくれるレコメンド機能あり
FODプレミアム 888円 2,000本 フジテレビのドラマを多数配信
WOWOW 2,300円 - 新作映画がテレビで見れ、スマホやPCで見逃し視聴も可能
TSUTAYA DISCAS 1,865円 75,000本 DVD/ブルーレイの新作を月に8本までレンタル可能
ビデオパス 562円 10,000本 auユーザーが利用できる
観劇三昧 980円 800本 演劇・舞台が見放題
KOCOWA 500円 非公開 韓流ドラマやK-POPが見放題
DMM見放題chライト 500円 5,000本 グラビア・アダルトがメイン
U-NEXT 1,990円 120,000本 映画・ドラマ・雑誌・アダルトなど幅広いジャンルを配信
music.jp ・500円
・1,000円
800本 見放題ではなく、毎月追加されるポイントで新作映画を見ることができる
dアニメストア 400円 2,300本 ドコモが運営するアニメ専用動画見放題サービス
DAZN 1750円 - Jリーグ、海外サッカーなどサッカーがメインのスポーツ専門配信サービス

 

dTVはドコモユーザー以外でも利用可能

dTVはドコモが運営しているサービスのためドコモのアカウントが必要ですが、「dアカウント」はドコモ以外のユーザーでも取得できるため誰でも利用できます。

dTV登録時にdアカウントを持っていない場合は自分が持っているメールアドレスと好きなパスワードを入力しdアカウントを取得します。

また、ドコモユーザーであればドコモのスマホの利用料と合算して支払いできますが、ドコモユーザー以外はクレジットカードもしくはデビットカードでの支払いとなります。

 

dTVで見れる動画

dTVで見れる動画のジャンルは、洋画・邦画・アニメ・国内ドラマ・海外ドラマ・韓流、華流・キッズ向け・バラエティ・マンガ・カラオケ・シアター・ショート(時間が短いドラマ)・dTVオリジナルドラマ・音楽(LIVEやミュージックビデオ)、そしてニュースとなっています。

特にdTVでしか見れないジャンルとしてはシアターです。シアターとは舞台のことで、日本で公演された演劇や落語などを見ることができます。

シアターというジャンルに関してはhuluやNetflix、そしてプライムビデオなど海外の企業が運営しているサービスでは見ることができないdTVならではのプログラムとなっています。

 

タイタニック、インディージョンズ、バック・トゥ・ザ・フューチャー1.2.3などの洋画の名作や、闇金ウシジマくんに関してはドラマの1~3シーズン、そして映画も1~3までの全ての作品が公開されていて、さらにdTVオリジナル作品もあります。

 

オリジナル作品も多数

オリジナル作品には、BeeTVという現在はdTVと合併したサービスがありましたが、BeeTV時代から放送しているトゥルルさま~ずなどのバラエティや映画の公開に合わせてアナザーストーリーとして、dTVでしか見ることができない作品も公開しています。

また、マンガに関してはコミックのマンガに合わせて音声を吹き込んでいる「紙芝居」のような形の作品になっています。

 

おすすめオリジナル作品

銀魂の映画公開に合わせて制作された「銀魂-ミツバ編」は北乃きい演じるミツバにスポットを当てた全3話の作品になっています。

 

そしてこちらも映画「進撃の巨人」の公開に合わせて制作されたdTVオリジナル作品となっていて、前後篇2部作で公開される映画では描ききれなかった”人類存亡をかけた巨人との闘い”に挑む兵士たちの姿を描いている全3話の作品となっています。

このように話題の映画が公開される前にアナザーストーリーとして映画とは違う作品を見ることができるのもdTVの魅力の1つです。

dTVでどのような作品が見れるかは会員登録をしていなくても確認できるので気になる方は公式サイトで確認してみてください。

 

ドコモの貯まったポイントで最新作のレンタルができる

ドコモのスマホを利用している方であれば、毎月ポイントが貯まっていきますが、そのポイントを利用して最新作のレンタルをすることができます。

レンタル作品の購入画面に進むと、ケータイ払いやクレジットカード払いの中に「dポイント」があるため、dポイントにチェックを入れレンタルするだけです。

 

dTVをテレビで見る方法

dTVは数多くのデバイスに対応していて、ドコモが販売しているdTVターミナルというデバイスもありますが、一番安くテレビに映すことができるデバイスはChromecast(4,980円)もしくはAmazonが販売しているFireTV Stick(4,980円)となります。

もしくは、テレビ自体がdTVに対応しているメーカーもあり、SONY、Panasonic、東芝、船井電機(dTV対応テレビ)、日立のテレビであれば、dTVのアプリをインストールすることで、Chromecastなどを使用しなくてもテレビで見ることができます。

◆dTVをテレビに映すことができるデバイス一覧

テレビ:SONY、Panasonic、東芝、船井電機(dTV対応テレビ)、日立

レコーダー:Panasonic

対応デバイス:dTVターミナル、Chromecast、FireTV、FireTV Stick、AQUOSココロビジョンプレーヤーAN-NP40、Apple TV、ひかりTVチューナー、光BOX+(HB-2000)

 

使いづらかったアプリの挙動もサクサク動くように

dTVの前身dビデオ時代には非常に使いづらかったアプリは非常にカクカクしていて、動きも重たく使いづらいものでしたが、最近のdTVのアプリではサクサク動くようになり、非常に使いやすくなりました。

ただしhuluやNetflixに比べればまだ快適に動くというわけではありませんが、Chromecastなどを使いテレビに映してしまえば後は見るだけなのであまり気にはなりません。

月額500円でこれだけの動画が見放題になり、最新の作品に関してはレンタル(課金)して見ることもできるため、これ1つに入っていればもうTSUTAYAに走ることも無くなるでしょう。

もちろんDVDのように返却する手間もないため、家から一歩も出ずに映画を楽しむことができるのもdTVの魅力の1つですね。

動画配信サービス徹底比較

たくさんの動画配信サービスの価格、配信本数、無料期間などを徹底比較しています。

動画配信サービス総合ランキング

ジャンルごとに作成したランキングを元に、総合ランキングを発表!

-dTV
-

Copyright© VOD博士-おすすめの動画配信サービスを徹底比較 , 2018 All Rights Reserved.