DAZN

FIBAバスケットワールドカップはDAZNが中継!テレビ放送もあるのか調べてみた

更新日:

サッカーのワールドカップと同じく、4年に一度開催されるFIBAバスケットワールドカップ@中国が2019年8月31日(土)に開幕します。

日本代表はアジア予選で4連敗後の8連勝で13年ぶりにワールドカップに出場を決めたのですが、なんと言っても注目は八村塁選手です。

日本人初のNBAドラフト1巡目指名を受けたということで大きなニュースになりましたが、実際に八村塁選手のプレーを見たことが無いという方も多いのではないでしょうか?

FIBAバスケットワールドカップはDAZNが日本戦全試合とその他の注目試合を生中継します。

一方でテレビ中継はBSフジでの放送が決まっていますが、録画放送もあるため生中継で見たい方はDAZNをおすすめします。

それでは、FIBAバスケットワールドカップの中継試合などを紹介していきたいと思います。

 

FIBAバスケットワールドカップの主な中継試合一覧

FIBAバスケットワールドカップの中継・放送はネットではDAZN、テレビではBSフジとCSフジテレビNEXTが行います。

また、地上波フジテレビでは9/5(木)アメリカ×日本のみ生中継となっています。

主な中継スケジュール DAZN BSフジ CSフジNEXT
9/1(日)17:30トルコ×日本 生中継 生中継 生中継
9/1(日)21:30チェコ×アメリカ 生中継 × 録画
9/3(火)17:30日本×チェコ 生中継 生中継 生中継
9/3(火)21:30アメリカ×トルコ 生中継 × 生中継
9/5(木)21:30アメリカ×日本 生中継 録画 生中継
9/7(土)日本orアメリカ 2次ラウンドor順位決定戦 生中継 未定 未定
9/9(月)日本orアメリカ 2次ラウンドor順位決定戦 生中継 未定 未定
9/10(火)決勝トーナメント 生中継
(一部試合)
未定 未定
9/15(日)決勝 生中継 未定 未定

DAZNは日本代表とアメリカ代表の試合は全試合中継、そして1次ラウンドの3試合と2次ラウンドまたは、順位決定戦の2試合を含む5試合以上を配信予定で、すべて生中継となっています。

唯一無料で見れるBSフジは「日本×トルコ」「日本×チェコ」は生中継ですが、最も面白いであろうアメリカ代表との試合に関しては録画放送となっています。

そして月額1,470円(スカパー!経由で申し込んだ場合)のCSフジテレビNEXTは日本戦はすべて生中継ですが、録画放送の試合もいくつかあるといった状況です。

DAZNは月額1,750円と少し高く感じますが、登録から1ヶ月間は完全無料で利用できるためFIBAバスケットワールドカップ期間中だけの利用であれば完全無料で利用することも可能です。

※大会期間は16日間

 

FIBAバスケットワールドカップ組み合わせ

グループA

コートジボアール(64)、ポーランド(25)、ベネズエラ(20)、中国(30)

 

グループB

ロシア(10)、アルゼンチン(5)、韓国(32)、ナイジェリア(33)

 

グループC

スペイン(2)、イラン(27)、プエルトリコ(16)、チュニジア(51)

 

グループD

アンゴラ(39)、フィリピン(31)、イタリア(13)、セルビア(4)

 

グループE

トルコ(17)、チェコ(24)、アメリカ(1)、日本(48)

 

グループF

ギリシャ(8)、ニュージーランド(38)、ブラジル(12)、モンテネグロ(28)

 

グループG

ドミニカ共和国(18)、フランス(3)、ドイツ(22)、ヨルダン(49)

 

グループH

カナダ(23)、セネガル(37)、リトアニア(6)、オーストラリア(11)

 

レギュレーションについて

1次予選

32カ国を8グループに分け、総当たり戦を行います。

そして上位2カ国(全6カ国)が2次ラウンドへ進み、下位2カ国(16カ国)が17~32位決定戦を行います。

 

2次予選

2次予選に進出した16カ国を4グループに分け、1次予選で対戦が無かった国と総当たり戦を行い、各グループの上位2カ国(計8カ国)が決勝トーナメントに進出します。

※下位2カ国同士の順位決定戦は行いません

 

決勝トーナメント

決勝トーナメントはノックアウト方式で行い、3位-8位の各順位決定戦も行います。

 

日本代表メンバーについて

FIBAバスケットワールドカップの最終エントリーメンバーは以下の通りです。

#3 安藤 誓哉 (PG / アルバルク東京)

#6 比江島 慎 (SG / 宇都宮ブレックス)

#7 篠山 竜青 (PG / 川崎ブレイブサンダース)

#8 八村 塁 (SF / ワシントン ウィザーズ)

#10 竹内 公輔 (PF / 宇都宮ブレックス)

#12 渡邊 雄太 (SF / メンフィス グリズリーズ)

#13 安藤 周人 (SG / 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

#15 竹内 譲次 (PF / アルバルク東京)

#18 馬場 雄大 (SF / アルバルク東京)

#22 ファジーカス ニック (C / 川崎ブレイブサンダース)

#24 田中 大貴 (SG / アルバルク東京)

#32 シェーファー アヴィ 幸樹 (C / アルバルク東京)

 

最後に

日本代表の試合はすべて注目ですが、なんと言ってもNBAのスター選手が多く選出されているアメリカ代表との試合が見ものです。

このスター選手揃いのアメリカ代表に八村塁選手と日本人2人目のNBAプレーヤーとなった渡邊雄太選手を中心にどのような試合を見せてくれるのか楽しみですね。

また、開催地は中国ということでほぼ時差も無く、見やすい時間帯に放送されるのも嬉しい点です。

日本代表の初戦は9月1日(日)17:30~トルコ代表と対決します!

 

動画配信サービス徹底比較

たくさんの動画配信サービスの価格、配信本数、無料期間などを徹底比較しています。

動画配信サービス総合ランキング

ジャンルごとに作成したランキングを元に、総合ランキングを発表!

-DAZN

Copyright© VOD博士-おすすめの動画配信サービスを徹底比較 , 2019 All Rights Reserved.